Margaret Howell interview @FT / マーガレット・ハウエル インタビュー

公開日: : 最終更新日:2014/07/31 本 / book , ,

image

The woman behind the international brand talks about her preference for timeless style and simplicity over fashion

12月20日のフィナンシャル・タイムズにファッションデザイナーのマーガレット・ハウエルさんのインタビュー記事が掲載された。ファッションとスタイルの違いに関する言及がとても興味深かったのでこちらでもご紹介。

元々、ぼくはこのブランドの服が結構好きで中国にいたときなどは、日本に戻るとまとめて購入したものだった。本場、UKに来てからは残念ながらサイズが合わなくて見るだけになっているけれど。

ハウエルさんは、はじめから順風満帆なキャリアかというとそうでもなく、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで美術を学んだ後、BBCのメイクアップアーティストに応募したが合格することができず、その後、RCAという英国随一のアート大学院に応募するも、これも不合格。そんな挫折を経て、ネックレスのデザインで雑誌Vogueなどで注目を浴びるが、それも本来自分がやりたいことではなかったという。その後、子供の頃に抱いていた情熱に従って、自分のやりたいことに少しずつ近づいていったという。

マーガレット・ハウエルの服は、安くはない。記事中でも言及されている。

“Howell’s clothes are not cheap – one of her shirts could set you back £200, a skirt more than £300 – but they are designed to last.” 

「ハウエルの服は安くはない。たとえば、シャツ一着に£200(170円換算で34,000円)は支払うことになる。スカートならば£300(41,000円)以上はするであろう。だが、そのデザインは、古びることがない」(訳:栗原)

高品質のものを長く着てもらいたい、そういうコンセプトを感じることができる。

文章の最後に彼女が語っているファッションではなく、スタイルという考えには共感した。

“I love the idea of making something that goes on for a long, long time,” she says. “It’s about finding a lasting style – not a fashion thing.” 

「私は、時代を超えるものをつくりだすための発想が好き。それは、継続性のあるスタイルであって、ファッションとは違うもの」

デザインに対する姿勢として、示唆に富む内容だった。

Margaret HowellのWebサイト内にも、彼女の仕事に対する考え方がStoryに書かれている。”I think of myself as a hands-on designer. For me make is integral to my design philosophy. “(自分ことを実践するデザイナーだと考えています。私にとって制作は、自らのデザイン哲学の中で欠くことができないものなのです。)

たぶん写真でも文学でも、そういった継続性のある表現というのがあるのではないだろうか。時代を超える一瞬とか、物語。自己表現を強く反映しているエゴというものではなく、もっと自然なその人の作法みたいなものだ。そんな方向性を身に纏えたらと思う。

PS この記事を読んだら、近々また一着ほしいなと思った。

関連記事

My first photo book KOOPI CEYLON 写真集ができました

大学院の卒業制作として、一冊の本を制作した。最終版まで3回の作り直しを経てついに完成。一刷目

記事を読む

よき生産者になるためには、よき消費者であれ

20代のころに読んだ本に書いてあった言葉である。 確か、読書家で有名な立花隆さんの本に書かれて

記事を読む

「猫楠」水木しげる

水木しげるさんが亡くなったというニュースを聞いたとき、そういえば「ゲゲゲの鬼太郎」、「のんの

記事を読む

Book:「採用基準」伊賀泰代 リーダー論/思考力についてあれこれ

今回はコース以外のところから創作活動にも参考になる気づきを書きたいと思います。 この本は、決断の効

記事を読む

「東京100年散歩 明治と今の定点写真」鷹野晃を読んで、品川の海側のことを思い出す

この写真集は、100年前後の明治時代の東京と現代の変化した町を対比で見せている。しかし、過度

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑