23年間、いつもそこにいた / She always stayed in here for 23 years

公開日: : 最終更新日:2014/08/09 日常写真 / snap

23年間、いつもそこにいた / She always stayed in here for 23 years

愛知のうちにいた猫が先週旅立った。23歳だった。

今日、お寺に行って頭骨を触った。

まっ白できれいな頭だった。

中学のとき、部活から戻ればいたし、

社会人になって海外から一時帰国してもやっぱりいた。

ずっとずっとというのは、人間の寿命で考えたわがまま。

一緒だった生活にお別れをいう。

でも、これからも気配として、きっと居続ける。

関連記事

インドの独立記念日 / India’s Independence day in NID

National Institute of Design PGキャンパスでも開催された、第6

記事を読む

A father and son at Thames

クレーンをのぞけば、ここから見える風景は100年、いや200年くらい同じなのかもしれない。

記事を読む

武蔵野の秋風景@東京外大 / Autumn colour in Musashino area, Tokyo

武蔵野の秋風景@東京外大。美しい。 かつて戦後から東京オリンピックくらいまで、この地は関東村と

記事を読む

神社で拾われた猫のジンジャー

Picture1: Ginger 2007   /2: 2014 神社で拾われたジンジ

記事を読む

日常の視界の端

近所の玄関を通るとき、毎回視界の脇にこの犬の存在を感じてはっと振り向く。もう何十回、もしかしたら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑