インドの独立記念日 / India’s Independence day in NID

公開日: : 日常写真 / snap, India

National Institute of Design PGキャンパスでも開催された、第67回目のインド独立記念日の式典に参加させてもらいました。インド国内では、もっとも大切な祝日です。

国旗掲揚、学長の講話、植樹が行われました。

1947年8月15日にインドは、イギリスから独立し、同時にパキスタンと分離することになっています。

それはちょうど日本が第二次世界大戦に敗戦した1945年から2年後のできごとです。

日本で暮らしていたとき、この日は戦没者に哀悼を捧げる特別な日でした。

しかし、ところ変われば、同じ日は帝国支配からの記念日でもあります。(ちなみに第二次世界大戦で日本はイギリスと戦っていた関係もあり、インドに攻め込んでいます。インパール作戦はインドでの作戦)その後、インドと日本は友好的な関係にあるため、日本人として特別な緊張感のある日ではありません。

それでも、支配された国の視点を感じることができます。異国に住みながら、8月15日を迎えるというのは、そういう異なる文脈で過去の大戦のことを考えるきっかけを与えてくれます。

それと同時に、若くエネルギーのあるインドが、ますます改革を実行し成長していく姿をキャンパスでの講話やテレビの首相演説などで感じることができた一日でした。

関連記事

In heath / 荒野をいく

修了して新しい道(未知)を企画していく今。 一番のクリエイティブなプロセス。時の権威に頼らず、

記事を読む

Inspiration

記事を読む

日常の視界の端

近所の玄関を通るとき、毎回視界の脇にこの犬の存在を感じてはっと振り向く。もう何十回、もしかしたら

記事を読む

A father and son at Thames

クレーンをのぞけば、ここから見える風景は100年、いや200年くらい同じなのかもしれない。

記事を読む

ナガランドリサーチ旅行3:突然の高校訪問と授業 / Hight school in Kohima

コヒマで知り合った英語教師のエデンの突然の依頼で、ほとんど準備時間なしで3時間に渡る特別授業を行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS Feed

PAGE TOP ↑