「 本 / book 」 一覧

「東京100年散歩 明治と今の定点写真」鷹野晃を読んで、品川の海側のことを思い出す

2016/03/23 | 本 / book

この写真集は、100年前後の明治時代の東京と現代の変化した町を対比で見せている。しかし、過度に説明的にし過ぎないで、そこに田山花袋、永井荷風、芥川龍之介らの町にまつわるエッセイが載っていること

続きを見る

路上は超芸術の博物館?!赤瀬川原平他「路上觀察學入門」

*** 内容(「BOOK」データベースより) マンホール、エントツ、看板、ハリガミ、建物のカケラ…。路上から観察できるすべてのものを対象とした〈路上観察学〉。その旗印の下に都市のフィールド

続きを見る

「アートのお仕事図鑑」美術手帖。アートやデザインの思考法は、広く求められている。

先日、TBSラジオ「ジェーン・スーの相談は踊る」を聞いていたら、リスナーからの相談メールで「美大か芸大に行きたいのですが芸術家以外にどんな仕事があるのか知りたいです」との質問があった。

続きを見る

「豊かさの栄養学 」丸元淑生を読んで、食生活について考えた

2015/12/19 | 本 / book

毎日繰り返していることなのに、それほど深く考えずに続けていることは見直しをする時間を持つといい。衣食住に関することは特にそうであるが、食は身体を短期的、長期的に支えるものになるから最も大切であ

続きを見る

「猫楠」水木しげる

2015/12/09 | 本 / book

水木しげるさんが亡くなったというニュースを聞いたとき、そういえば「ゲゲゲの鬼太郎」、「のんのんばあとオレ」、「玉砕せよ」しか読んだことがないことに気づいた。 友達の紹介によれば、他の作品

続きを見る

スポーツにおける観察と洞察力から学ぶ

2015/11/24 | 本 / book

欧州やインドにいたときは、サッカーばかり見ていたが、日本ではやっぱり野球を見る機会が増える。 2009年ぶりに久しぶりに、高校野球、プロ野球を堪能した。サッカーのような流れの中のスポーツ

続きを見る

よき生産者になるためには、よき消費者であれ

20代のころに読んだ本に書いてあった言葉である。 確か、読書家で有名な立花隆さんの本に書かれていたと記憶している。 生活には、文章が溢れている。 特に、スマホが普及してからは、思いつ

続きを見る

NHKクローズアップ現代「広がる”読書ゼロ”」を見て思ったこと。総合メディアの知情意とは。

アムステルダムの公立図書館[/caption] NHKのクローズアップ現代「広がる読書ゼロ」を興味深く見ました。 このトピック、番組側の課題設定と、評論家立花隆さんの考察がいい意味で違っ

続きを見る

「知る」「信じる」「感じる」とは。加藤周一さんの議論を振り返って。

2014/04/22 | 本 / book ,

日本に帰国する前後、科学の世界では世紀の大発見というSTAP細胞に関するニュースが出た。その後、プロセスに疑惑が生じて一騒動あった。 結果としては記者会見を見た人々たちの中で「私は信じる」とか、研

続きを見る

My first photo book KOOPI CEYLON 写真集ができました

大学院の卒業制作として、一冊の本を制作した。最終版まで3回の作り直しを経てついに完成。一刷目は、色が思ったように発色せず、二刷目はフォントサイズをより小さく調整することとなった。ハードカバーと

続きを見る

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS Feed

PAGE TOP ↑