My first photo book KOOPI CEYLON 写真集ができました

大学院の卒業制作として、一冊の本を制作した。最終版まで3回の作り直しを経てついに完成。一刷目は、色が思ったように発色せず、二刷目はフォントサイズをより小さく調整することとなった。ハードカバーとソフトカバーの両方を作り読み心地や携帯性などをレビューした。写真は、一番上以外はハードのもの。実際に製本されてから気がつく、細かな点がたくさんあって、本の形式でリラックスして読んでもらうために必要なことに気づけた新しい経験でもあった。
さて、これで「調べて気づき、表現して、発信する」という一つのサイクルをアートスクールに来て終えた。元々、大学生のときから「調べて書き、発信する」ことを心がけてきた。調べ方にもいろいろあるし、書き方にも、発信の仕方だっていろいろである。特に、書き方は、広くは表現の仕方とも解釈することができ、数値に基づいた考察かもしれないし、フィールドワークで発見したことを写真や映像で捉えて表現することとも考えられる。

最近は、そこで捉えた内容も発信しやすいメディアの自由度のある時代になっていると思う。既存の表現の方法を組み合わせて、目的に応じて伝えるスタイルを変えることができる。

今回は、そうはいっても、そのもっとも根源的なスタイルである本という形式をとった。ここからネット方面へは柔軟に変更できるが、逆は難しいと考えたからだ。少々、コンサバなスタイルではあるが、そこは考慮した上でのこと。

今回のプロジェクトで更に必要なのは、この表現、発信の内容を使って何をするかである。それについては、まずはコーヒーのプロジェクト自体のコミュニケーションの媒介物となることと、この物語を媒介にして語られることばから気づきを抽出していくことかなと思う。そこまでやってこそ、リサーチ&表現、そしてアクションという新しい挑戦をしたといえる。まだまだこれから。一歩ずつ進めていきたい。

一方で、そういったかっちりとした目的のある方向からは自由な部分も大切にして、伝えるインパクトを磨くためにこれから創作力も鍛えていきたい。

物語の概要はWEBサイトからご覧ください。

KOOPI CEYLON

関連記事

Assignment_5 Environmental Portrait 03: Tony, Head Doorman in The Savoy

SAVOY HOTEL is one of most luxury hotel in Lon

記事を読む

On-street Portrait Gallery /路上のポートレイトギャラリー

http://www.theguardian.com/…/28/hackney-estate-p

記事を読む

EYEWITNESS at Royal Academy of Arts

昨日あった学生のひとりに、どんな写真に興味があるの?と尋ねられたのでポートレイトやドキュメンタリーと

記事を読む

no image

PROJECT TWO – STREET FASHION

二つ目の課題が出ました。 ストリート・ファッションです。うわー、こういうのは苦手だなあ。でも、基礎コ

記事を読む

「知る」「信じる」「感じる」とは。加藤周一さんの議論を振り返って。

日本に帰国する前後、科学の世界では世紀の大発見というSTAP細胞に関するニュースが出た。その後、プ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑