デザインリサーチの道具 / My tools for design research

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 リサーチの方法 / research method

Photo 13-03-2015 22 08 17デザインリサーチという調査の仕方がある。

このデザインという言葉が、一昔前のグラフィックやプロダクトのデザインだけを意味しないところがポイント。

顧客やユーザーの体験をデザインするという広義の解釈がされる。

そういう意味でリサーチの対象は、新たなサービスや製品を通してなされる体験を含む全プロセスを含むことになる。

大切なのは、体験の観察、インタビュー、インタビュー内容のデータ化、インサイト発見、機会領域の発見、戦略への落とし込みである。リサーチ段階は、対象に近づき、どっぷりその環境につかり、自らも体験していくことが重要。結構、泥臭いアプローチであるが、そうやって何が起きているかを身をもって知る事こそ、発見の第一歩なのである。

そんなときに活躍しているのが、ソニーRX100M1、ZOOM H1レコーダー、無印のメモ帳、ラミーボールペン。

RX100は携帯性に優れているし、ミラーレス一眼に迫る画質。シャッター速度優先で1/100くらいを選べば、被写体を瞬時にとってもブレにくい。一人で観察とインタビューと録音をこなしながら、ときどき写真もとるには一眼レフは重すぎる。

ZOOM H1はXYのユニークなマイクで座りながらの録音はもちろん、環境音もリアルにとれるし、歩きながらのポケットに入れてのインタビューでもしっかり録れる高感度。無印のメモ帳も、立ちながら歩きながらの観察記録に向いている。ラミーはややデザイン重視。もっていて気持ちいいということかな。HB鉛筆をそのまま使う時もある。

これだけあればなんとかなる。

あとは、インタビューをしたらなるべく早く、他のことはしないで付箋に観察結果を書き出して整理しておくことが重要。この辺りは、人類学のエスノグラフィーのやり方と同じ。

このブログでも何度も取り上げている「サイレントニーズ」のヤン氏の解説がその分野のことをよく説明している。
財布の中身は本質を語る!デザインリサーチャーのヤン・チップチェイスさんに聞く「”本当に必要とされているもの”の見つけ方」

 

 

関連記事

猫のやんまーをインドの獣医に連れて行きました。信頼できる口コミについて考えたこと。

猫のやんまーが生後3ヶ月たった(推定)ので、狂犬病の注射のために獣医に行きました。 命

記事を読む

no image

リサーチやテキストの重要性。写真家・米田知子さんインタビュー「感光される時間の層」を読んで

感光される時間の層 (English version: THE MULTIPLE LIVES OF

記事を読む

看板から読み取れる社会の意識。東京の戸越公園。

看板を読み取る 町や人が共有している習慣や意識を調べるのに「看板を読み取る」といったものがあり

記事を読む

撮っておくべき写真カットの種類@LIFE誌方式/LIFE FORMULA FOR VISUAL VARIETY

フォトジャーナリズム”プロフェッショナルたちのアプローチ”というで雑誌ライフが求めた8つの写

記事を読む

社会や個人のニーズを読み解くための観察法「サイレントニーズ」ヤン・チップチェイス著

携帯電話のモトローラーとデザインリサーチコンサルfrogのリサーチャーだったチップチェイス氏

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑