東京タワーまで歩く

公開日: : 日常写真 / snap

img021-2

五反田の歩道橋から東京タワーが見えたので、夜に歩いたら一時間ほどでたどり着いた。一本道(中原街道〜桜田通)だった。もう少し行くと虎ノ門でその先は皇居。歩くと地理が身体感覚を伴ってわかって面白い。

ちなみに自宅のある戸越銀座・武蔵小山エリアまでこの道は続いているので、江戸時代ならいざ江戸城へ馳せ参じることもできたろうなあとどうでもよい妄想をした。

東京の山手線の内側、いわゆる江戸エリアには起伏がけっこう激しいところが多く、さまざまな坂から東京タワーは異なる姿を見せた。

東京は夜歩いても安全だし、空気が住んでいるので夜景が美しい。

 

f11, 露光時間90秒

関連記事

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は808年に開かれたというが、この寺

記事を読む

もうひとつの忘却

フラットの隣の住人が置いっていった2本の歯ブラシ。 カップルで住んでいたのをひとりが先に去り、も

記事を読む

Most famous scramble intersection in Shibuya, Tokyo / スクランブル交差点@渋谷

Shibuya river is still existing beneath the inters

記事を読む

A given new custom/新しい習慣

One day night, a stranger who was drinking in a p

記事を読む

Footstep of Autumn, London 2011

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑