一眼レフで動画撮影。外付けビューファインダー(Kinotehnik)でピントを追う。

公開日: : 最終更新日:2016/02/19 動画撮影 / filming, 製品 / products , ,

image

先日経験した舞台撮影の事例を踏まえて、一眼レフで動画を撮影し、編集して気がついたことをいくつか書いていこうと思う。ビデオカメラはないけれど、一眼で写真を撮っていて、せっかくだから動画も撮ってみようかなと思っている方にはいくつか役立つポイントがあるのではないだろうか。

まず、ぼくの状況としては、基本的に静止画撮影の知識と技術を大学の基礎コースと修士課程で学んだ背景はあるものの、動画撮影はほとんど独学であるという点。しかも、これまでハンディカムなどのビデオカメラで動く被写体を写した経験は多いものの、一眼レフでは主に三脚で固定撮影しての撮影やステディカムによるピント固定の歩行撮影に限られた。

舞台では、動く被写体を追いかけながら、長時間撮影を続ける必要があるため準備を入念に行った。

ビデオカメラ以上の画質を誇る一眼レフの動画撮影機能。 しかし、元々静止画の専門機であるため、動画を撮るにあたって次の弱点を踏まえて使う必要がある。

  1. 一つの動画ファイルが4ギガになったら自動停止。(最新機種では自動にファイルが分割されて継続可能)
  2. 24分59秒でも自動停止。センサー保護のためとのこと。
  3. ピントは基本マニュアル調整。

今回の舞台撮影は、1時間40分をほぼノンストップで撮るため、一時停止したときの数秒をどう補完するかはひとつの課題であった。

この点については、サブカメラを導入することにした。

舞台全体を正面から映し続けるハイビジョンカムを一台三脚に固定した。そして、一眼レフは動きを追う遊軍的な立場で追う。予め台本を読み込み、また稽古を見に行くことでなるべく重要なシーンを途中で切らないように確認を行った。

3のピント合わせは映像品質そのものに影響を与える重要な点である。

事前にやっておくべきこと。

  • リングの左右で遠近のどちら側にピントが合うのか身体で覚える。
  • 外付けのビューファインダーを入手しておく。:このファインダーはほんとに大切。 理由は、次の3点。モニターを約2.8倍大きく見ることができる。まわりが明るい場所でもはっきり見える。三点を顔、手で固定できるためブレが軽減される。
  • 三脚もしくは一脚の入手。

ただし、動く被写体をマニュアルで追いかけながらピント合わせするのは、正直かなり熟練が必要。5D Mark2の場合は、録画中は被写体の拡大モードが機能しない。ビューファインダーがない場合、液晶を眺めながら動く被写体に向けてレンズのフォーカスリングを動かすため、カメラが相当ぐらつくし、ほんとにピントが合っているか確信を持てないまま撮影を続けることになる。

今回の撮影は、暗所で舞台を左右いっぱいに使う演劇だったのでこのビューファインダーがなければ、確実にピントを追うことはできなかったと言える。

いろいろなレベルの製品があるが、レビューで一番評判がよくて価格も1万円前後であるKinotehnikのルーペを選んだ。 実際には半額程度の製品もあるけど、こういうものは一度買ったらずっと使うことになるし、映像品質にもっとも影響を与える部分のひとつだから、高品質なものを選んでおいた方が先々よい投資になるはず。

image

5D Mark2の液晶モニターを直接見る場合:固定ならこれだけでもOK。動く被写体の場合は難しい。

image

ビューファインダーを使った場合:メリットは大きくクリアに見える。覗くときにカメラを固定できる。

ということで、動く被写体を一眼レフで動画撮影するには、まずこの外付けビューファインダー(ルーペ)は外せないアイテムである。これを入手したら、日々持ち歩いて動くものにピントをあわせる練習をすると、段々感覚が身についてくる。特に暗いところでのピント合わせはとてもむずかしい。オートフォーカスであっても、暗いとほとんど機能しないので、多少迷っても「どうせテクノロジーでも無理なんだから」と落ち着いて合わせるのがいいのかな、と思い込んでやるようにしていた。

関連記事

no image

WOMAN IN THE DUNES in London/ロンドン公演 砂の女

I participated in the performance as a videograp

記事を読む

no image

スリランカ30秒動画:キヤンディの道路

 30 seconds film from my daily life in Sri Lanka

記事を読む

no image

コース開始後、4ヶ月半ほどたってこれをやっていきたいと少し思えたことがあります。 その一つが先日から

記事を読む

光で描くことと光線漏れ

光線漏れ:外桜田門[/caption] セバスチャン・サルガドの「地球へのラブレター」とドキ

記事を読む

フィールドワーク用カメラ ソニーRX100

An early flowing tulip 先日、ソニーのRX100というコンパクトデジタル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑