A temporal summer day/束の間の夏@ブライトン

公開日: : UK, 旅 / travel

The landscape in Brighton reminded me of Eno-shima in Japan. My house was near the island until 2006. Then I often used to visit, but I think it was much older memory actually. The reason may be because I moved 8 times and changed my occupation and lifestyle etc for 7 years.

はじめてのブライトンはどことなく江ノ島を思い出す雰囲気だ。7年ほど前、近辺に住んでいたときはほんとによく行っていたのだけど、もう前世?と思うほど遠い記憶のような気がしてしまう。気がつくとあれから8回引っ越して、生活の文脈も変わった。そう感じるのは自然なのことかもしれない。

関連記事

In heath / 荒野をいく

修了して新しい道(未知)を企画していく今。 一番のクリエイティブなプロセス。時の権威に頼らず、

記事を読む

Varanasi, Indiaの写真を公開しました

長いスパンの旅について書く前に、ついこないだの訪問地インド・ヴァラナシの写真をご紹介。 ヴァラナシ

記事を読む

留学中の私の部屋。ソーシャルメディアを活用

今回は、ロンドンでの住まいについて書いてみようとおもいます。 ロンドンで生活を決めたときに、まわり

記事を読む

スリランカでの2ヶ月のフィールドワークと撮影開始

My new research has just begun. I’m visiting Sri

記事を読む

河津桜

Kawazu Sakura which is bloomed earlier than norm

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ引越

こちらにブログを統合しようと思います。 引き続きよろしくお願いいたし

銀杏@目黒不動尊

いつもと違うカメラで撮影すると、やはりものの見え方も変わりま

星薬科大学裏門付近の桜

名所の桜も美しいけど、意外と近くにも立派なのがある。作家星新一の父

桜の名所は近所にもある。旧中原街道の桜

日本は自分の生活圏内に桜があってうれしい。 確かに桜の名

目黒不動尊の桜2016年

ソメイヨシノより2週ほど早く咲いていた。 目黒不動は80

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑