National Institute of Design in Ahmedabad / インドデザイン教育の最高峰 ナショナル・インスティテュート・オブ・デザイン

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 教育 / education


National Institute of Design [NID]というインドのデザイン分野ではもっとも評価が高く、産業界にも大きな貢献をしているデザインスクールを拠点に生活をしています。インドでは各地に点在するインド工科大学(IIT)やインド経営大学(IIM)などが特に有名ですが、NIDはデザイン系のイノベーターが集う大学です。2007年にbusiness weekの世界のデザインスクール100のひとつとして選ばれたようです。(ちなみに、London College of Communicationも選ばれてますが写真がChelsea美術学校のものでちゃんと調べてるのかやや疑問)

場所はインド西部の都市アーメダバードにあります。先日、インド首相になられたModi氏が州知事を務めていたところでもあります。

その教育コンセプトは、産業デザイン業界に、機能美を追究したデザイン教育で大きなインパクトを与えたドイツのバウハウスの影響を受けています。(バウハウスは、第二次世界大戦前から非常に前衛的なデザイン教育を実践していたのですが、あまりに自由であったためナチスに一度廃校に追い込まれた歴史があります)

ここ数年、基礎コースも設立されたようですが、元々は大学院大学です。キャンパスは、Ahmedabad, Gandhinagar,  Bangaluruの三ヶ所にわかれています。

The National Institute of Design (NID) is internationally acclaimed as one of the foremost multi-disciplinary institutions in the field of design education and research.The Business Week, USA has listed NID as one of the top 25 European & Asian programmes in the world.

NID has been a pioneer in industrial design education after Bauhaus and Ulm in Germany and is known for its pursuit of design excellence to make Designed in India, Made for the World a reality.[Official web]

NIDのキャンパスの内と外は、まるで別世界のようです。外側は人と乗りものがごった返しているけれど、多くの守衛にガードされた入口で守られた学内は静かで美しく、工作用機器が並ぶ工房から制作スタジオが多数並びます。学期がはじまっても200〜300人ほどの学生しかいないというから落ち着いて学ぶにはとてもいい環境のように見えます。

NIDは、大きく4つの学群に分かれていて、大学院教育は2.5年かけて行われます。一学年15人前後の少数精鋭教育6月が入学シーズンで、5月は合格発表の季節です。学校の周辺にはNIDの受験予備校の看板もいくつかありました。何年もかけて入学してくる学生も少なくないようです。

入学要件を参照すると、写真や映像、アニメーションなどのコミュニケーション系の学群は”any discipline”(学科問わず)ですが、他は全て工学、デザイン、建築学、美学などの教育を受けていることが応募条件に入っています。

試験は次の三段階。入学試験でまず大幅に人数が絞られるようです。一つのコースで、第一関門を突破できるのは数千人から50人前後だといいます。最終的には約15人が選ばれます。

  1. 入学試験(Entrance examination)
  2. スタジオテスト(Studio Test)
  3. 面接(Interview)

インターネット上には、たくさんの入学に関するコツや合格体験があります。基礎力、創造性、メンタリティと要求水準は高いです。

例)How to Prepare For the NID Entrance Exam?

ただ成績だけで決まるわけでもなく、所属しているコミュニティがマイノリティだったりすると優先的に入れる枠もあります。これは他の大学や企業でも同様だそうです。

卒業生たちもキャンパスに戻って来やすい環境になっているようで、学内で仕事をしたりリラックスしたりしています。特にビジネスインキュベーションセンターは、卒業生の起業を支援しています。

先日はPhotography Design、Strategic Design Management、Animation Film、ITの卒業生、学生、先生と会うことができました。UXデザインや乗りもののデザインをしているコースもあるので、そちらも興味深いです。

6月に新学期がはじまったら、いくつかの興味深いコースの学生たちとも話ができたらと思っています。

◆代表的なコース

Communication Design

  • Photography Design
  • Animation Film Design
  • Graphic Design

Industrial Design

  • Transportation & Automobile Design
  • Product Design
  • IT Integrated
  • Design for Digital Experience

Textile Design

  • Textile Design

Interdisciplinary Design

  • Strategic Design Management

関連記事

国立デザイン大学院(NID)卒の若手デザイナーの今。フラット化した世界におけるプロフェッショナルな働き方。

インド南部の大都市バンガロールで、グラフィックデザイナーとして働くMamataさん(写真左端

記事を読む

(前編)頭の中のイメージをコラージュで表現するワークショップ「百聞は一見に如かず」

異文化間のコミュニケーションにおいて、お互いが思い描いている内容を言葉だけで伝えるのは難しい

記事を読む

(後編)頭の中のイメージをコラージュで表現するワークショップ「百聞は一見に如かず」

インド・グジャラード州のPDPUで行ったコラージュを使ったワークショップの続編です。 ガンディ

記事を読む

世界24位のインド経営大学院アーメダバード校

©The Financial Times, January 24, 2016 8:05 pm[/c

記事を読む

インド国立デザイン大学院(NID)の就職活動週間

12月9日にNIDの修了式が行われ、271人が卒業しました。 その翌週からはじまるのが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インド猫ヤンマール日本をめざす

猫のヤンマールにまつわる話は新ブログ「インド猫ヤンマール日本をめざす」

世界24位のインド経営大学院アーメダバード校

©The Financial Times, January 24,

インドでテレビを買う

2014年5月、インドにやってきて最初の懸案は、6月からスタートするF

本場インドでディープな瞑想体験

近年、アメリカのGoogleやマイクロソフトをはじめとするIT

インドと日本の物語を集めた展覧会「ものがたりという宝石」

インドと日本の物語をインド人と日本人の作家を通して描かれた家族、愛

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑