インドのコンビニ TWENTY FOR SEVEN CONVENIENCE STORE@ニューデリー

公開日: : 最終更新日:2014/09/24 店・会社 / store, company


ニューデリーのSaketという南部の町に出張中、コンビニらしきものがあったので入ってみました。
看板には24時間営業コンビニエンスストアと直球のネーミング。さすがに日本みたいな品揃えは期待できないだろうと思ったのですが、入ってみてびっくり。食品から本や薬が綺麗に並んでいます。またテレビや携帯電話の料金を支払うためのタッチパネル端末も完備。

インドでは期待していないレベルの品揃えと、しっかりしたレジとお釣りのやりとりのスムーズさに感動してしまいました。商品の欠品がなく、しっかり在庫が管理されている様子はPOSで管理されていることを伺わせます。

経営をしているModi Enterprises(年商28億ドル、従業員2万8千人)によれば、現在デリー限定で38店舗をオープンしており、次の5年でインド中に100店舗以上を開くことを目標としているとのこと。石油会社とコラボし、ガソリンスタンドをベースに増やしていくそうです。

5年で100店舗の目標は、大都市部を中心によりはやく叶うのではないでしょうか。そして、こういった店舗を中心にサービスの水準や宅配などの付随サービスも発展していくのでしょう。

少しでも大きな札を出せば釣りがないと言われたり、商品の値段も適当だったりするお店と比べるとかなり快適な買いものができます。

さすがは、ニューデリー。一歩先をいっています。アーメダバードやガンディナガルにもぜひほしいです。

電気が来ていない地域が多数あるなか、デリーでは24時間営業のコンビニとはインドの地域差の大きさも改めて実感しました。

関連記事

ベジなグジャラート料理を最高のムードの中で楽しむならレストランVishalla

グジャラート州というと、禁酒・ベジタリアンと食に関してはなかなか厳しい環境です。更にグジャラ

記事を読む

アートなジェラート屋Melt In。禁酒州グジャラート、食後の締めに新たな選択肢。

禁酒でドライなグジャラート州では、酒場の代わりに町のあちこちにアイスクリーム屋が点在しています。

記事を読む

Amazon Indiaの実力

8月1日にインドのAmazonがペット用品の取り扱いをはじめたとのメールマガジンが届いたので

記事を読む

アート、デザイン、サイエンス、ビジネスが交わる実験場。Godrej India Culture Lab。

  インドで様々なビジネスを展開しているゴドレジには、異分野、異文化との交流

記事を読む

アーメダバードのコワーキングオフィスWorking Company

起業家やフリーランスの人たちがオフィスとして使うコワーキングスペース(仕事場所を借りられるオフィ

記事を読む

Comment

  1. Sunny Francis より:

    初めまして、サニーフランシスと申します。
    日本でメディアーの仕事させて頂いてます。
    現在出てる番組、バクモンの’スゴイデスネ、
    視察団’の次のテーマはまさしくコンビニです。

    24/7の事は知ってましたが、写真がありません
    でした、そこでここにたどり着きました。
    写真がすごく分かりやすく綺麗ですので、
    使わせて頂けますか!?

    よろしくお願いします、
    サニーフランシス
    ssjjj23325@hb.tp1.jp

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インド猫ヤンマール日本をめざす

猫のヤンマールにまつわる話は新ブログ「インド猫ヤンマール日本をめざす」

世界24位のインド経営大学院アーメダバード校

©The Financial Times, January 24,

インドでテレビを買う

2014年5月、インドにやってきて最初の懸案は、6月からスタートするF

本場インドでディープな瞑想体験

近年、アメリカのGoogleやマイクロソフトをはじめとするIT

インドと日本の物語を集めた展覧会「ものがたりという宝石」

インドと日本の物語をインド人と日本人の作家を通して描かれた家族、愛

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑