アーメダバードのコワーキングオフィスWorking Company

公開日: : 最終更新日:2014/12/20 店・会社 / store, company ,


起業家やフリーランスの人たちがオフィスとして使うコワーキングスペース(仕事場所を借りられるオフィス)が、インド・アーメダバードにもありました。 英国や日本ではHUBという組織が有名で、単にオフィススペースを借すだけではなく、他分野の人々との交流を通じてイノベーションが起きやすい環境づくりが推進されています。 ちょうどアーメダバードで起業した人たちの話を聞いてみたくて一日体験利用してみることにしました。ちなみに、この場所のことは、市内の割りとおしゃれなカフェのポスターで知りました。

Working Companyの1階には、デザイン雑貨のお店やZENカフェという気の利いたカフェもあって、ここの敷地内だけ周りからかなり浮いてとても好印象です。到着前は、WEBでオフィスの写真を見ても、きっと現実はそこまで整備されていないのではないかと思ったのですが、快適場所づくりがしっかりされていて若者たちがせっせと仕事や打ち合わせに励んでいました。

Working Companyでは、交流を目的としたチャイパーティも毎週水曜日に行われています。ちょうど私が訪れたのも水曜日午後だったので、起業後ここで仕事をしているNID卒業生のタイポグラフィの経営者や社員、UXアナリスト、Working Comapnyの経営者たちと話をすることができました。 タイポグラフィの会社は、インドのフォントをデザインしてソニーやアップルなどに納入しているとのことです。

7時間ほどの滞在中には、インド人、アメリカ人、中国人、そして日本人がいましたね。 起業直後で社員が少なかったり、フリーの場合は、ひとりで仕事をしていても意外とさみしいものです。そんなときに、コワーキングオフィスでちょっとした会話をしたり、案出しを手伝ってもらうのは有効です。

料金プランによって、固定の席(Rs 7000)、自由席(Rs 5000)、月10回だけ使える(Rs 3000)、1日だけ使える(Rs 400)という区分けがされています。Desk Plan 固定の席の料金Rs 7000は、市内にアパートの部屋が賃貸できる水準の金額設定です。真剣なビジネスの場として活用されることがうかがえます。

会員になると、オフィス利用の他にもオンラインのコミュニティへの参加やZENカフェの15%割引特典も利用可能です。 きっとデリーやムンバイには、更に活発なコワーキングコミュニティがあることでしょう。そちらも訪問してみたいものです。

最後にCo-workingについてまとめたビデオをご紹介。場所を変えることのメリットがいくつかあげられていますが、集中できる環境の確保や他の人との繋がりというのは重要ですよね。

関連記事

ショッピングモール@アーメダバード Alpha One MallとHimalaya Mall

Alpha One Mall正面[/caption] [caption id="attachme

記事を読む

ベジなグジャラート料理を最高のムードの中で楽しむならレストランVishalla

グジャラート州というと、禁酒・ベジタリアンと食に関してはなかなか厳しい環境です。更にグジャラ

記事を読む

Amazon Indiaの実力

8月1日にインドのAmazonがペット用品の取り扱いをはじめたとのメールマガジンが届いたので

記事を読む

アートなジェラート屋Melt In。禁酒州グジャラート、食後の締めに新たな選択肢。

禁酒でドライなグジャラート州では、酒場の代わりに町のあちこちにアイスクリーム屋が点在しています。

記事を読む

ムンバイのナイトライフ。Cafe Zoeに行けば、インドの古いイメージは変わる。

ムンバイで平日金曜夜9時ごろ、ムンバイでグラフィックデザイナーとして働くNID卒業生である友

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インド猫ヤンマール日本をめざす

猫のヤンマールにまつわる話は新ブログ「インド猫ヤンマール日本をめざす」

世界24位のインド経営大学院アーメダバード校

©The Financial Times, January 24,

インドでテレビを買う

2014年5月、インドにやってきて最初の懸案は、6月からスタートするF

本場インドでディープな瞑想体験

近年、アメリカのGoogleやマイクロソフトをはじめとするIT

インドと日本の物語を集めた展覧会「ものがたりという宝石」

インドと日本の物語をインド人と日本人の作家を通して描かれた家族、愛

→もっと見る

  • RSS フィード

PAGE TOP ↑